営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

妊娠中や産後に「歪んでいます」「筋力足りないです」を言われてしまっている皆さんへ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

妊娠をしたり、産後間も無くって
痛いところが出てきたりなんだか違和感を感じたり
不調が出たり、調子がよくない。

そんなことが多いですよね。

そこで大体の方々は
痛いところや不調な部分を

“マッサージ・ストレッチ” すれば良くなると思っている場合が多いです。

「えっ??そうじゃないの??」
っていうのが、一般の方の知識ですよね。

というか、そう言った刷り込み
入っていることが多いですよね。

だから今日はそんな体のことを解説。

歪んでいるから悪い。
筋力が足りないから悪い。

そういうイメージを払拭しましょう♩

 

”痛い場所=悪い”ではない

僕が産前産後の方々を見ていると
トラブルが出ているところが
問題と直結していないことが多かったりします。

どういうことかというと・・・
”腰が痛い=腰が悪い”

と行った、
”A=B”
みたいな単純なものではないということです。

これが例えば
“A(腰が痛い)=B(腰が悪い)”ではなくて

本当は
“A(腰が痛い)=C(背中が硬い)”

とかだったらどうしましょうか?

“A=B”
だと思っていたけど

実際は
“A=C”
だったら、全然やっていたことが効果がないこともあります。

人の体はそう行った場合が多いということ。

それは妊娠中も産後もしかりです。

なので、
単純にストレッチしても
またぶり返す。

マッサージしても
またぶり返す。

そんなことが多いと感じます。

 

施術やマッサージをしても翌日に”戻る”という現象

みなさん旦那さんに、ほぐしてもらっても
翌日はまたきつい。。
みたいなことが多いんですよね。

もちろん、
痛い部位に問題があることが多い人もいます。
そういう場合もあります。

ただ・・・先ほどのように
妊娠、出産においては
そうではないことが多いと感じています。

すっごい簡単に言ってしますと

痛いところ
あんま関係ないよ!!

って思うことが多いと
(個人的に)感じています。

だから痛いところにアプローチしても
俗にいう”戻る”という現象が起こるのですね。

体はすっごい複雑で
皮膚や脂肪や筋肉や靭帯やら
色々な組織で繋がっています。

だから、なかなか単純じゃないんです。

 

ネットやメディア情報が絶対に正しいわけではない

妊娠って赤ちゃんがどんどん大きくなって
子宮も大きくなり骨盤は少し緩んできます。

そのほかにも
肋骨が真横に大きくなったり

内臓が圧迫されたり

膀胱のコントロールがしにくくなったり

立っている位置が
赤ちゃんの重みで変わってきたり

色々な変化がたくさん出てきます。

 

そんな変化の個人差がある中で

みなさんの“体の癖”
“動きの癖”も全然違う中で

同じ場所が原因なわけがないと感じるんですね。

だからこそ
ネットで溢れている情報とか

「A(骨盤矯正)=B(痩せる)」みたいな法則とか

雑誌やネットで溢れるメディア情報は

実は・・・

そんなことないでしょ〜。。

って思っています。笑

みんなを惑わせないで欲しいということ。

実際のお客様の体を見ていると

パターンや傾向はあれども
絶対なんてことはなくて

えっ!?
そうくるの?

そこが問題??

そうなんだ〜。。

なんてことは
沢山たくさんあるわけです。

 

妊娠中や産後の「歪んでいる」「筋力ないですね」が悪いわけではない

何が言いたいかというと
今、体の不調で困っていて

どこにいっても
「歪みですね」とか
「筋力低下ですね」とか
「妊娠しているからね」とか

そんな検査や評価もしないで言われる言葉や

それ以上の理由を伝えてくれない情報
みなさん惑わされない方がよいと思っているということです。

医療者や専門職のそうした何気ない
「歪み」「筋力ない」
とかのマイナスな言葉
どれだけ皆さんが悩んでいたり
縛られたりしているかっていうことです。

そして旦那さんにマッサージしてもらったりしても
なかなか良くならない場合は
問題は違う場所に隠れていることが
多いってこともあるということです。

 

妊娠中、産後でも、人によってやる施術は違う

以上のことを踏まえて
人によってはエクササイズしたり・・・

人によっては
体が楽な方向に動く練習をしたり

人によっては
ストレッチしたり

人によっては
体を緩ませたりしたり

安静がよければ
運動が良い場合もあります。

まぁ、
正解なんてなくて

その人それぞれで違うんですよね。

答えってないです。。

残念ながら
”万人に効く正解はないんですよね”
(傾向はあると思います)
(でも、まだまだ学術的な論文が少ないと感じます。)

だから、
痛い場所だけアプローチしても変わらないこともあるし

不調な部位を温めても良くならないこともあったり
なかなか不調が解消しないこともあります。

先日、恥骨の痛みがある方がいて

単純に右足の股関節を
外に開く練習を過剰な緊張なく動かすコツをご紹介したら
痛みがなくなったっていうこともありました。

恥骨が痛いのに
右の股関節を外へ開くのだけで楽になるんです。

でも、明日恥骨が痛いという人が来ても
同じことで効果が出るなんて保証は何もないんですね。

いつも答えは
”お客さんの体が教えてくれます”

それほど、人によって
やることは全然違います。

みなさん
個別性
があるんです。

最近のお客さんからの話で
「歪み」
「筋力」
「産後だから」
って理由を過去に言われて困っているというか
ずっとそれが頭から離れない人が多くいたので
なんだかもどかしくて書きました。

みんなちがって、みんないいんですよ♩

それでよいじゃない♩

 

まとめ

体の不調は人によって様々ですが

A=Bみたいな法則が全員に当てはまるわけではない
・人によって問題となる原因は違う
・「歪み」「筋力がない」だけで片付けられていては原因がはっきりしない
・人によって、その人それぞれの原因が隠れている

そんな所をご紹介しました。

だから、ふうふやにご来店のお客様も
毎回必ず体の評価をして
話を聞いて原因を探ることを行います。

同じ腰痛
同じ骨盤の痛い
同じ肩こり
同じ頭痛

痛みの種類は同じでも
原因は違ったりしています。

そうしたお一人のお一人の体の状態にあわせて
介入させていただいております。

お困りのことがあれば
いつでもご連絡ください♩

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です