営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

【マタニティの豆知識】妊娠中は仰向けでも苦しくなることがある症状

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

妊娠中の豆知識として知っておいて欲しいことがあります。

今日はそれを簡単に覚えてください^^

現在妊娠中の方、これから妊娠していきたい方の助けになればと思います。

それが
仰臥位性低血圧症候群
という存在。

簡単に説明すると
あお向けで低血圧になることがある症状のことをさします。

 

仰臥位低血圧症候群とは?

増大した子宮による下大静脈の圧排により、心臓への静脈還流が減少し、その結果、心拍出量が減少して血圧が低下。
動悸・息切れを自覚。妊娠後期などに仰向けに寝ている時間が長くなると気分が悪くなる。
ひどい場合はショック状態になることもある。

引用)ウィメンズヘルス理学療法研究会.ウィメンズヘルスリハビリテーション:メジカルビュー社;2014.

読んでも難しいですね^^;

 

 

僕の言葉で要約すると・・・

妊娠中はお腹が重たくなることで血管が圧迫されて、低血圧のような症状(動悸・息切れ・気分不快)がおこること

 

これを仰臥位性低血圧症候群と呼びます。

 

割合は??

こうやってみると
怖い!!って思ってしまうこともありますが

実際の割合は10%の妊婦さんが経験すると言われています。

なので誰しもがなるわけではなくて
1割近くの方々がなる可能性があるということを知っておいて欲しいです。

 

主な症状は??

様々な症状が現れるとされていますが、教科書的に載っている症状を列挙しますので、参考にされてください。

・意識がもうろうとする
・めまい
・筋肉のひくつき
・休んだ感じがしない
・呼吸の減少
・吐き気、嘔吐
・あくび
・視界不良
・発汗
・四肢のしびれ・筋力低下
・冷たくべとべとした肌
・冷たい足
・失神

 

対策は??

仰臥位性低血圧症候群になる原因は
下大静脈と呼ばれる血管が圧迫を受けることが原因とされています。

この下大静脈は
体の右寄りに位置していることが解剖学的にわかっているので

対策としては
左方向の横向きになる

ことが推奨されています。

そうすることで、右側の下大静脈の圧迫を逃がすことができます

この圧迫が原因での気分不快などは
左向きに眠ることで、すぐに症状が軽快していくことが多いです。

 

なぜ伝えるのか??

今日ご紹介したいのは
あくまでも妊娠中に起こるかもしれない一つのリスクです。

こうした危険性が少しでもあるということを
妊婦さん自身も知っておくことで

不安になることなく
ご自宅で自ら対策を打てることが可能になるかもと思ってご紹介しました。

割合は1割程度で
ごく少数ですが誰しもがなる可能性があることを知って欲しいです。

あお向けが楽な方もいれば
そうでない方もいます。

あお向けになることで、気分が悪くなる場合は

少しだけ左横向きになってみると
体が楽になっていく。

そんな風に、いつも対策を打って欲しいと思ってご紹介させていただきました。

 

詳しく知りたい人向けに

詳しく詳細を知りたい方は
よければこちらの動画をご覧ください。

体の状態に何が起こっているのか。

その辺りを詳しく解説しています♪

実は毎日youtube動画発信しています^^

よければチャンネル登録してくださると日々情報が届きます。

たくさんの方々のご登録もお待ちしています(*^^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA