営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

妊娠中・産後の授乳の時など楽にできる座り方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

出産をすると多くの人が授乳や抱っこに時間をさくようになります。

それに乗じて肩こり・首の痛み・骨盤の痛み・腰痛
様々な不調が出てくることも多いと感じています。

それでも、授乳はやめられない。

そんな時に知っておいて欲しい
ワンポイントがあります。

本日は
自宅に置いてある”あるもの”で簡単に体の負担を減らすことができる方法をご紹介します。

 

体が丸まる弊害

普段通りに授乳や抱っこをしているとなってしまいがちな姿勢。

それが丸まってしまう姿勢です。

写真のように体がくの字のように丸まってしまう状態。

これは一件楽そうに見えるのですが意外と色々な弊害をもたらす可能性があります。

例えば・・・
・猫背になりやすい
・首や肩こりを招きやすい
・骨盤に緩みを作りやすい
・動き出す瞬間に痛みが出やすい

などの症状が出てきてしまう可能性があります。

そしてお腹も潰れてしまうので腹筋がなかなか効きにくく、余計に骨盤周りの安定感や引き締まりが出にくくなる懸念もあるんです。

楽なんだけど実は体にとってはあまり良くないことも多いんですね。

 

体を起こせた方が良い

潰れていない姿勢がやはり良い。

これが結論です。

なぜなら、体をスムーズに起こすことで色々な効能をもたらせてくれることがあるからです。

それが・・・
・骨盤の関節が引き締まりやすく安定しやすいことによって骨盤痛が軽減
・猫背予防に繋がる
・肩こりや首の負担の軽減
・お腹周りのインナーマッスルに力が入りやすい

そんな効能があります。

 

道具を使うことをオススメ

体を起こせていた方が良いことはわかっていただけましたか?

それでも、何も意識しないまま良い姿勢を取ろうとすると
変に背中や腰に力が入り過ぎてしまいがちなんですね。

結果的にしばらく立ってくると腰や背中が痛くなってきてしまいます。

そんな時に用意しておいて欲しいのが
タオル

写真のように
・お尻の下にタオルや本を置いて高さを増やす
→それだけで姿勢は骨盤が起きやすくなります。

・足の上にタオルを置く
→自分の胸に子供を引き寄せてくることで猫背になりにくく、首や肩の痛みの予防に繋がります。

やることはそれだけ。

この作業をするかしないかで姿勢の変化に差が出てくるんですね。

タオルを使う意味は
先ほどみたいに無理に良い姿勢を取ろうとすると腰や背中の痛みが出てきてしまうことを避けるためです。

ご自宅にある道具を使って
ぜひ実践されてみてください^^

 

詳しく知りたい人向けに

詳しく詳細を知りたい方は
よければこちらの動画をご覧ください。

体の状態に何が起こっているのか。
どうやって予防していくべきなのか。

その辺りを詳しく解説しています♪

実は毎日youtube動画発信しています^^

よければチャンネル登録してくださると日々情報が届きます。

たくさんの方々のご登録もお待ちしています(*^^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA