営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

切迫早産のリスクにならないためにも、妊娠中からのケアはどう?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

ふうふやのお客様にも
切迫早産で安静が必要な方々がいらっしゃいます。

その中でも僕の経験的な話になりますが、
施術をすることでその後の妊娠期間中が楽になったという方々もいるのが事実。

ただし、個人的に裏付けがなく
信ぴょう性にかけるものでもありました。

だけど、実際に困っている方がいるのも、また一つの事実。

「子供達がいるから入院ができない。」
「今は仕事が休めない。」
「子供達から離れたくない」

そんな想いがあることも重々承知。

だからこそ、できること・伝えられることがないのかといつも思っています。

妊娠中から自信を持ってお伝えできることがあればと思っているのが正直な気持ちなんですね。

 

ある論文での説明

先日読んだ論文に、
僕の考えを肯定できるものがあったのでご紹介します。

以前読んだ本の中に下記のようなことが書かれていました。(要約します。)

 

妊娠中に大きくなった子宮や赤ちゃん。
これらは子宮を下からサポートしてくれる”会陰の筋肉”(以下、骨盤底筋)にだんだんと持続的に重力の負荷がかかる。

妊娠の後期には特に大きな力にさらされることにより
骨盤底筋はたわんできて
子宮の壁は脆弱化し
子宮頸管ははまり込むようになると言われている。

分娩よりも前の妊娠後期に
骨盤底に押される力が強すぎると力負けして
切迫早産排尿障害が出ることがある。

 

ふうふやの切迫早産で
お悩みの方の現状

ふうふやにも切迫早産疑いでご来店いただく方が数多くいらっしゃいます。

その方々は病院からは
自宅での安静指示が出されています。

自宅安静の中、
施術の許可をもらってご来店くださる方がいます。

ママさん達はお腹に負担をかけないように過ごしていることが多いです。

先ほどの要約も兼ねて1つ言える事は
”切迫早産だとしてもお腹の重みを支える骨盤底筋の力が弱過ぎると、切迫早産になる可能性や排尿障害を起こしてしまうリスクがある”

ということ一つの側面として言えるのでは無いかと思っています。

 

ただしこれはあくまでも

”可能性の1つに過ぎない”

ということを忘れずに。

 

誰でも彼でも
“切迫早産=骨盤底筋の調整”
が有効だと言うことには決してなりません。

 

 

切迫早産の場合でも症状を予防できる可能性がある・・・かも

切迫早産の場合でも
病院の入院が必要ではなく自宅安静でもオーケーな場合。

なおかつ病院や主治医の先生から施術のオーケーが出ている場合は

施術を行うことによって切迫早産の予防と、
進行を防ぐということが可能になることが
展望としては予想ができます。

いずれも妊娠中の骨盤底筋の機能が不十分で
お腹の重みが大きな負担となることで
出てくる変化もあるということを示す材料にはなると感じました。

負担を減らす努力をすることによって
切迫の予防排尿障害の予防につながっていくこともできるのではないでしょうか。

切迫早産になり、自分の体のケアを通し、体の動きや姿勢が変わることによって、骨盤底筋への負担が減って切迫早産の症状が緩和したり、予防できたりすることがあるかもしれませんね。

 

自宅でできる予防

ふうふやのような場所で施術を受けることも、
もちろん1つ。

それ以外で日常の中でできる事もあると思います。

僕がよく話しているのは
まずは負担をかけないということ。

安静の指示を守るということ。

なるべく重力がかからないように気をつけること。

そして、骨盤ベルトやサラシなど適切な指導をされている場合は、そうした処置を自分でも覚えること。

ふうふやに来てくださっている方は、セルフケアを行う習慣を作るということ。

そういうことで何度も何度も施術を受けなくても
なおかつ病院で安静入院をしなくても予防できることにつながっていくかもしれません。

このように方法論を知っていればできる介入もあるかもしれないですし、

実際にふうふやにきてくださった方々には指導をさせていただいたりしているのも実際のところです。

 

可能性の一つに体を支える骨盤底筋始め、体使いを知ること

切迫早産で悩んでる方々は
もちろん診断や処置安静の指示は病院が行うものです。

その上で体を整えることによって予防ができるということも可能性としてはあるということを知っておいていただけれると嬉しいと思って思います。

何れにせよ、まずは

主治医の先生にご相談の上、許可をもらって施術を受けていただくことをオススメいたします。

その上でご来店いただけると、
体の身体機能の評価から体使いの説明〜骨盤を支える感覚をご紹介させていただくことも多くあります。

そして、何よりも妊娠する前から体をケアしておく。
妊娠の安定期が過ぎたあたりで、体のケアを行う。

そうした予防的なケアの意識が多くの方に広まっていけば、切迫で苦しむ方々が少しずつ減っていく社会になっていくのではないかという期待と願いも持っています。

整えて妊娠。
整えて出産。
整えて産後。

そうした日々が送れるようになれればいいですね(*^^*)

少しでも多くの方々が妊娠中も1日でも心身ともに豊かな生活を送れるような社会になれれば嬉しいなと思っています

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です