営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

産前産後のサービスを受けられる場所が増えれば・・・そんな想いを語ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは。。

夜な夜なつぶやきます。

つぶやくというか改めて想いを語ってみます。

今年から始めている
産前産後起業コース

一年通して濃密に関わりを持たせていただき

僕の持っている知識・技術を産前産後のアプローチ経営的側面の双方からお伝えさせていただいています。

 

お店を始めて1,2年は本当に自分たちの店舗を維持していくのに必死でした。(今でも死ぬ気です。笑)

ありがたいことに少しずつふうふやのことを知っているというお客様が増えて

そしてご来店くださった方々のご紹介で
今でもなんとかふうふやは継続させていただいています。

いやはや、ありがたい限りです。

オープンした時の1,2年目の頃よりは
今でも精神的にも落ち着き少しずつ周りが見えるようになってきました。

そして、ふと思ったんです。

僕がやっているアプローチとかって
もっと同じ産前産後のステージをやりたい人に広められたらよいな〜。って。。。

これ、なんでかというと、
ふうふやのお客様は沖縄全島からいらしてくださるからなんです。

妊娠中の重たいお腹を抱えて運転したり。

生まれたばかりのbabyを連れて
こんな辺鄙な住宅街のわかりにくい古民家を目指してきてくださいます。

子連れで来るなんて確実に大変じゃないですか。

沖縄はいくら車社会だからといって
子連れでの外出は大変ですよね。

そこにはやはり距離という問題が立ちはだかってきます。

だから、僕が信頼できる人たちが同じ共通言語やアプローチの元、情報交換をしたり、お客様の皆さんにみんなで知ってもらう努力をする。

そうすれば、産前産後の施術が必要な方の元にもっと声が届くと思っていました。

そして、沖縄市までわざわざ足を運ばなくても
もしかしたら近隣でふうふやと同じ技術を持ったサービスを受けられるかもしれない。

それが一番、時間や距離という制約を外せて、皆さんが通いやすい状態になるのではないかと思ったんです。

少しでも産前産後のサービスを受けられる土壌を増やしたい。

そう純粋に思えることができた3,4年目。

だから、仲間を増やしたいな〜と思いました。

弟子とかそんなんじゃないです。

同じ志を共にする
一緒に切磋琢磨できる人が増えれば嬉しいと思ったんですね。

だからこそ起業コースをしようと思ったんです。

この産前産後の施術って
なかなか病院や産婦人科では現状難しいんです。

それは僕らみたいなセラピストは後発だから。

もともと産科はお医者さんと助産師さんと
そのほかのスタッフさんたちが築き上げてきたサービスであり、機関です。

そこに僕たちがポッと出で、
施術できますよ!
妊婦さんたちの痛み取れますよ!
産後もケアできまっせ!!

そんなことをゴリゴリいったってダメなもんはダメ

しっかり土台を築いて信頼していただいて
そうした準備をしていくのが必要だと僕は思っています。

だから、まだまだ産前産後の施術を提供したかったら
民間で活動して、お客様にも、そして医師や助産師さんたちからも認知してもらう必要性があると思っています。

産科に入りたいセラピストが多いようですが、そこをすっ飛ばしちゃいけないと感じています。

だから起業するしか今は方法がないのかも。

でもいずれは僕は、そこの産科で働く土台を築いていきたいと思っています。(これ夢です。)

話がそれましたが
だからこその起業コース。

しっかりと技術も知識もつけるのには
最低1年必要だと思いました。

でも起業したからといってね、ましてや技術があるからといって
お客さんがきてくれるなんてないんです。

はい。そんな甘い世界じゃないんです。

まずはお客様に知ってもらう必要があります。

お店を予約していただく必要性があります。

信頼していただく必要性があります。

だから色々とやらなければいけないことがあるんです。

それをかなり広義でいうと
経営
というワードに集約できるんですね。

経営って色々なことがあって
マインドや理念形成、財務、戦略、集客、中期計画

人を入れるなら
人事、組織作り

そんな色々なことを
施術をしていきながらやらないといけないんですよ。

いやぁー時間ないっす。
普通に時間が足りないんです。

やること満載ですもん。

でもやらないといけないんです。

だって、それが待っていてくれるお客様のためになるんだから。

そうした想いがないと多分続かないです。

結局、僕は起業って想いありきだと思っています。

自分はこれがしたい。
絶対にこれを叶えたい。

そうした誰にも譲れない想いって必要だと思うんですね。

なんでもいうけど、じゃないと続かないから。

そんなことをプレイヤーをしながら並行してやらなければいけないから大変なんです。

そうした個人の想いも必要だから
思い切った1年コースを設定して
実はそこでふるいにかけたりもしているわけです。

中途半端な気持ちで一年は無理じゃないですか。

相当、本気な人しか申し込みしてこないと思ったんですよね。

でも、そんな本気の集団が集まったら
めちゃくちゃ産前産後を取り巻くサービスの幅が広がって

今よりも助かる方々や
心身ともに楽になっていく人が増えると思いました。

だからセラピストしての知識・技術は大事。

そしてお店を絶対に永続していくための
経営的視点も大事。

この二つは同時に普段から訓練する必要があると感じています。

もちろん、パッと起業しちゃうのもあり。

でもね、ここ数年起業してきた方を見ていても
やっぱり勢いだけで始まっていった方々

だんだんとね、見なくなるんです。。。

これって何を意味するかというと
技術・知識があればお店が成り立つわけではないということなんですよ。

技術・知識は持っていて当たり前でその上で経営視点も確実に必要。

僕はそんな背景を見てきたので
僕の元にきてくださる方々はそんな風にはなってほしくないって思いました。

だから、両方伝えます。

潰れたらダメなんです。

自分自身は自己責任で始めるから良いとして
周りの家族。
そして頼ってくれるお客さん。

そういう方々を悲しませてはいけない。と僕はいつも思っています。それが責任です。

だから死ぬ気なんですよね。

でも、それを仲間で作れたら
絶対ワクワクするし、楽しい未来が見えています。

お客さんをお互いのお店で奪い合い世界じゃなくて
お互いに紹介し合って、それぞれの人脈を繋げていけばものすごい数の方々に知ってもらえるはずなんです。

個人でやるのも一つ。
だけどチームでやることも強いはず。

そんな相談しあえるチームが作りたかったし
いつでもお互い相談しあえる場ができたら最高だと思いました。

僕は産前産後のサービスを受ける土壌をもっとよくしたい。

そんな想いしか持ってなかったりします。

だからやれることは何か?

そう思った時に起業コースでした。

そして、それに呼応するかのように今は一期生が6名きてくれていて

2020年からの2期は県内助産師さんが2名
県外からリハビリ職種の方々が2名きてくれる予定です。

正直、自分の利益しか考えられないような人は来なくて良いです。

私利私欲ももちろん大事だけど、
そこにしかフォーカスしていない人は僕はお断りでいいと思っています。

みんなで良い環境を作って
お互いに切磋琢磨して
そして妊婦さんやママさんたちや
ご家族が今よりも良い生活を送れる社会になれば良いと思っています。

そんな人たちが集まれば最高です。

2020年からの年間コース
残り2名になりました。

熱い想いを持った方々のご参加待っていますね^^

っていうことを
実はさっき動画で語って編集終わって、今ブログ書きました。笑

鉄は熱いうちに・・・なんとやら。

誰かに届きますように。。。

詳細はこちらの記事をどうぞ
動画は下記からどうぞ♪
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です