営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

猫背にならないように気をつけることで、逆に痛み(尾てい骨痛)を出すことは沢山ある

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

出産をすると
突然に育児が始まります。

出産したばかりの非常に疲れた体で
いきなりの変動する私生活。

日中夜間問わずのオムツ交換・抱っこ・授乳。

多くの方が
そこから不調が出たり

体の痛みが出現したり・・・。

お子さんを頑張って世話しようとするあまり
体に負担がかかることは少なくありません。

タイトルにもあるように、そんな育児生活の中で猫背を気にするあまりに、痛みが出てきてしまっていた方の原因と対処法のご紹介です。

 

 

尾てい骨の痛み=会陰のダメージ+猫背にならないように気をつける

先日は産後から尾てい骨の痛みが出てしまっていた方がいました。

ご来店いただいたときは産後1ヶ月でした。

痛みの背景としては2つのことが考えられます。

一つはお産の場面でのダメージ

会陰切開と会陰裂傷もあったようで
「産後から会陰周りが痛かった」
という出来事があったようです。

そして、もう一つは産後の習慣でのダメージ。
「抱っこや授乳の姿勢で猫背にならないように気をつけていた」
という出来事。

 

会陰のダメージは
出産の場面でどうしても負ってしまう影響があったかと思います。

1ヶ月検診では医師には経過良好で傷自体は問題ないという見解をいただいていました。

 

 

多くの人がやりがちな猫背対処法

猫背に関しては、猫背にならないように気をつけるあまりに、必要以上に腰や背中や肩甲骨を伸ばしておこうとして、腰から背中がガチガチになっていました。

これは実は・・・
結構みなさんがやりがちな対処法です。

 

「猫背になりたくない=背筋を頑張って伸ばしておく」

 

やってしまいがちです。

 

少し一緒に考えて欲しいのですが
頑張って伸ばすということは
どこかに過度に負担がかかる気がしないでしょうか?

 

座る行為に、本来「頑張りはいらない」ですよね^^

 

なので、やっぱり頑張ってしまうってことはよろしくないことです。

 

 

猫背を気をつけると、他にダメージがくる

今回のお客様に関しては
猫背にならないように気をつけるあまり

腰骨が全然動かなくなってしまっていました。

綺麗に反らせられないし
丸めることもできない。

結果的に起こっていたのが
尾てい骨の痛み。

動く瞬間
立つ瞬間
座る瞬間

こうした瞬間瞬間に
腰骨がスムーズに動かせられなくなっていて

動きの効率が悪くなってしまって
必要以上にお尻周りに筋肉を使いながら、立ったり、座ったりしなければいけなくなり

尾てい骨が引っ張られて痛みが出ていました。

 

 

 

簡単にまとめると

猫背がきになる

猫背になりたくないから背筋を頑張って伸ばす

頑張って伸ばして結果に腰骨がガチガチ

腰をスムーズに丸めることも伸ばすことも難しくなる

立つ・座る瞬間に腰が動いてくれない

お尻周りで腰骨の動きをカバー

お尻に付いている筋肉がガチガチになって
尾てい骨周囲にストレス

動くたびに尾てい骨が痛い

 

そんな状態になっていたんですね。

なので、どれだけ尾てい骨の周りにガチガチな筋肉を緩めても動こうとしたら痛みが出てしまっていました。

 

具体的な対処法

僕がお客様と一緒にやったのは一つだけ。

背骨を上手に
丸めたり・伸ばしたりすること。

言葉では簡単そうだけど
実際やると実は非常に難しいんです。

だって産後ずっと猫背にならないように
背骨をガチガチに固めていた方に上手にスムーズに動かす感覚を入れていくんです。

ご本人は良かれと思って
姿勢を固めていたのを

動かしていくって簡単ではないんですね。

ご本人さんは感覚がわからないんです。

でも、そこを根気強く
体で何が起こっっていて
実際にどうしていく必要があるのか。

それを、本人に理解してもらいながら
体感していただきつつ進めていくと

最後は背骨を綺麗に動かせるようになってきました。

来店当初のガチガチに固めていた感覚がなくなって
座るときも立つときも痛みがなくなる。

綺麗に動けたら痛みがない!!
という成功体験がわかれば

あとはご自分の体に学習させていくだけなんです。

 

ご本人に紹介したセルフケア

お子さんがいながらできるときに背骨を動かす感覚を

・寝たまま
・座りながら
・四つ這い
・横坐り
・立ちながら

様々な姿勢で
気が付いたときに動くということをお伝えして終了になりました。

 

ご紹介したのは背骨を色々な姿勢で丸めたり、反らしたりすること。

文章にすると、なんて簡単なことなんだと思うのですが、意外と難しいんですよ^^

 

とりあえず、いつものごとく

「また痛みがあればお越しください♪」 で終わりです^^

 

正しい動きがわかり
脳がその正しい動きが

「普通」「正常」「心地よい」と感じれれば

自ずと、その動きは日常生活上でも出るようになってくると思っています。

 

よくありがちな猫背予防や良い姿勢を作ろうと心がけるあまり
必要以上に背骨をガチガチにしてしまうのは

ときには色々な弊害(痛みや不調やコリ)
お越していくことにつながってしまう可能性があるという話でした。

 

 

みなさんはどうですか?

背骨ガチガチにしてませんか?

一度正しい動きや姿勢のチェックもオススメです^^

ではでは♪

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です