営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

妊娠中(マタニティ)の腰痛が70%の人にでる”理由”と”対策”と”整体の必要性”

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

妊娠中の方でもっとも多い不調の訴えは
”腰痛”
とされています。

おおよそ妊娠中の約70%の方が経験すると言われています。

これだけの割合で出現するので
多くの人が
”我慢”
をしているケースが多いです。

実際に、この中には
我慢をすれば症状が軽減してくるケースもあります。

ただ、産後も約50%の方が腰痛を慢性化するというデータもあるため
妊娠期間中に正しく腰痛ケアを行う必要性は感じているのが現状です。

今回は、そんな一番多い腰痛を

 

・体の変化
・腰痛の原因
・腰痛の対策

などにフォーカスして紐解いていきます。

 

 

妊娠中の体の変化

妊娠すると色々な体の変化がつきまといます。

赤ちゃんが成長するにつれて
体重が増加していき
お腹が大きくなります。

子宮が大きくなるにつれて
妊婦さんは重心の取る位置も変化していきます。

しかも、そのバランスの取り方は
妊娠周期によっても変化していくことが多く
その都度、使われる筋肉の場所も変わります。

さらに心拍数は上昇したり
呼吸も人によっては苦しくなります。

骨盤が緩むことによっての体の不安定感や
つわりなども出てきます。

姿勢は、骨盤が後ろに倒れ込んで
背骨もフラットから丸くなっていく人もいます。

一般的な書籍などに載っているのは
骨盤も腰の骨も反って
代わりに胸の背骨を丸めてしまうような姿勢にもなります。


ウィメンズヘルスリハビリテーション:ウィメンズヘルス理学療法研究会 MEDICAL VIEW より引用

妊娠中は、このように色々な変化を起こすことが知られています。

その中でも多い訴えが
”腰痛”
ということになります。

 

一番多い妊娠中の症状=腰痛

そうして多く出現するのが
”腰痛”
になります。

妊娠中はお腹を支えるために
主に腰回りに力を入れてしまいがち。

先ほどの説明にもあった
腰を反らしてしまうが故に力が入り過ぎてしまう腰痛もあります。

対して、骨盤が緩くなることで
関節がゆるまってしまって出現する腰痛あります。

色々な腰痛があるんです。

ある論文では腰痛の出現する割合は以下のように言われたりもしています。

 

腰痛の出現割合データ

妊婦の約50〜70%が経験するといわれる。
また、産後の遷延性腰痛は産後1年以上で67%が経験し、産後24ヵ月時に21,1%が継続する場合もある。

理学療法学 妊婦に対する理学療法より引用

 

妊娠中は5〜7割の人が腰痛を経験
1年以上腰痛が続く人が67%
2年続く人も21%程度いるという事実です。

 

これを“我慢すれば良い”というのは
個人的にはおかしい話だと思っています。

 

こうした腰痛は経験上、

対処することで痛みを解消に導くことができる

と思っています。

 

腰痛の原因

大きくわけると
”姿勢からくる腰痛”
”骨盤の不安定感からくる腰痛”
大別することが多いです。

リラキシンによる骨盤の不安定感=腰痛

”リラキシン”と呼ばれるホルモンが
体の骨盤の関節を緩める働きがあると
昔から言われています。

この緩みがある中で生活をしたり
動くと痛みを感じてしまうというのが主な症状です。

仰向けになると腰や骨盤が痛い
寝返りや起き上がりで痛い
朝起きた時に痛い

などの症状は関節の不安定感が強い人に多い印象を受けています。

*ただし近年では、骨盤帯痛とリラキシン分泌濃度には関連がないとのシステマティックレビューによる報告もあるので、一概には何が正しいのかはっきりしないという見解もあります。

 

姿勢による、筋肉の疲労からくる、筋筋膜性腰痛

妊娠中には綺麗な姿勢が取りにくくなります。

お腹が大きくなって
骨盤が緩み体の変化が色々と出てくることで

立ち方や重心の位置も
日々刻々と変化をしていくものです。

そんな姿勢の変化に対応するかのように
常時背中〜腰の筋肉たちが頑張って体のバランスを取るのに働く傾向があるんです。

使い過ぎ(overuse)というものですね。

お腹の前面と
体の後面の筋肉の働きにアンバランスが出て

結果的に腰痛という形で
背中の筋肉に力が入り過ぎて痛みを起こす傾向の人たちが増えていくのが実態です。

こうした痛みを

”筋筋膜性腰痛”

と読んだりもします。

 

・立ち続けていると痛い
・同じ姿勢を取り続けると痛い
・抱っこをしていると痛い
・夕方から夜になるにつれて痛みが増す
・仕事をしている日の方が腰が痛い

そんな方は”筋筋膜性の腰痛”が怪しいかもしれません。

 

腰痛に必要な対策

様々な文献に記載されている文言は

腰痛には運動療法が効果的である

というワードを目にします。

要するに運動をしていくことが大切ということですね。

運動が適応になる人、ならない人の記事はこちらから

 

リラキシンによる骨盤の不安定感の腰痛に対する対策

”インナーマッスル”と呼ばれる筋肉を
運動を通して介入していくことがほとんどになります。

この運動によって
骨盤を支持する力をつけていくことが
有効とされているケースが多いです。

ふうふやでの施術でも
基本的には痛みを抱えている妊婦さんには
このインナーマッスルの使い方を学習するようなメニューを入れて

最終的には
”セルフケア”まで落とし込んでご紹介もしていきます。

また骨盤ベルトも一緒に装着することで
純粋なインナーマッスルの力の弱さによっての腰痛は
ベルトの引き締めで痛みが解消していくことも多いことが経験されます。

*ただし、インナーマッスルの弱さではない腰痛は
骨盤ベルトを装着したからといって
痛みが変わらないケースも多く経験もします。

 

姿勢による、筋肉の疲労からくる、筋筋膜性腰痛への対策

基本的には楽に姿勢を取れるようになる方法を
体が覚えられると痛みが治っていくケースが多いです。

そこで、よく

”姿勢の指導をしましょう。”

といった内容が目につきますが、
姿勢を気をつけても
結局見た目上の姿勢を気にするばかりで痛みが軽減していかないケースも存在します。

結局のところは

”背中の筋肉を過剰に使わないような姿勢をとっていくこと”

が求められると思っています。

なので、こうした姿勢による痛みの調整も
適切なストレッチだったり
背中や腰を過剰に使わないような運動指導だったりが重要なケースが多いです。

もちろん背中や腰がガチガチになっているケースの方もいるので
ほぐすことも大事な要素でありますが

いかに妊娠期間中に力を入れにくくなっている筋肉の活動を増やしていくか。

かつ、過剰に使っている背中〜腰の筋肉の活動量を抑え込んで
バランス良い姿勢を取れるようにしていけれるかが・・・

僕らのような専門家がお客様に提供できる腕の見せ所でもあると思っています。

 

妊娠中の整体が必要な理由

以上のような内容を踏まえて
ボディーワークのようなヨガやピラティスなどに通うことで腰痛を解消できる人もいれば

グループレッスンだけだと
なかなか腰痛の軽減に繋がっていかないケースの方もいらっしゃいます。

そうしたグループレッスンで対応が効かないケースは
個別の施術が適応になるべきだと思っています。

もちろんヨガなどにいかなくて
いきなりの個別での施術も正しい方法です。

個別対応で問題ない体にしてから
ヨガにいくという流れも適切です。

そして、ヨガもピラティスも
個別の施術もいけば治るというわけではなく、

結局のところ

”施術者や指導者の見る目と腕と評価の能力”

にかかってくると思っています。

だからこそ、必ずしもヨガが良い。
ピラティスが良い。
施術が良い。

というわけではないですね。

みなさんが良い施術者や指導者に巡り会えることを願うばかりです。

ただ、不調が続いている腰痛をほっておいても
なかなか良くなっていかないケースも存在することは事実ですし

我慢したからといっても
全員が解消に繋がっていくべきではありません。

不安なことは
出産が終わる前に頼れる専門家にご相談くだされば良いと思います。

ふうふやも
その手助けができる一つの施設だと思っているので
いつでもお気軽にご相談ください♩

 

まとめ

妊娠中は色々なマイナートラブルと呼ばれる悩みが出現してきますが
その代表格である”腰痛”に対しての説明をしてきました。

 

まとめると・・・

・腰痛は50-70%の人が経験する
・その中で産後も続く腰痛もいる
・腰痛の種類は大きく分けて、”骨盤が不安定になって出現する腰痛”と”姿勢による腰痛”が存在する。
・どちらも”適切な運動介入”で軽減していくことが多い
・ヨガやピラティスも効果的と思われる
・ヨガなどで症状が軽減しない場合は、個別の施術も必要
・腰痛は我慢するものではなく、しっかり症状を解消しておくもの

 

このようなあたりが大事なポイントかと思われます。

我慢して慢性化しても
子育ては待ってはくれません。

出産してからが改めてスタートですので
産後の生活をスムーズにし
子供達を楽しく過ごすていくためにも

”腰痛の解消も日々のコンディショニングも必要”
だと感じています。

なかなか痛みの程度は
相手には伝わりにくい腰痛だからこそ
きちんとケアをしていくことが大切だと思っています。

妊娠期間中の痛みで困らない社会になりますように。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA