営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

妊娠中の時に気をつけたい靴選びのポイント♪ヒールの高さはどうするの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

本日は、”妊娠中の靴選びのポイント”について。

時折質問をいただくことがあります。

それが・・・
『妊婦中の履物はどうして3cm程度のヒールが良いと言われているのでしょうか?』

そう。ヒールは3cm程度と言われていたりするんです。

今日はこれに対して僕なりの考察を踏まえてご説明させていただきますね(^^)

ヒールの高さは”3cm以内?!”

妊娠中というのは、お腹が大きくなり支える重心の位置も前方(詳しくは前上方)へ移動してしまうと言われています。。

簡単に言ってしまえば、妊娠前よりも前に倒れやすくなってしまっているということ(^^)

そこで、人は様々なバランスを取ろうとするのですが多い傾向にある姿勢がこれです。

妊娠中の靴選びのポイント

そう。

腰を反らせる傾向が強いんですね。

これに更にヒールが高い靴を履いた時を想像してみてください。

 

さらに前方に体が持っていかれることが予想できませんか??^^

倒れそうになりませんか??

妊娠中の靴選びのポイント

ヒールを履くと、重心は更に前方へ移動します
⇒更に前に倒れそうになる
⇒さらに腰の反りが強くなる
⇒腰痛のリスクが増える

と考えられることもできると思います。

これがヒールが高くない方がよい理由です。

 

単純に転びやすくなる

妊娠中というのは、お腹に赤ちゃんを抱えているので

非妊娠時よりもバランスが取りにくいカラダになっております。

そんな時にヒールが高くて
さらにはピンヒールなんて履いていたら大変です。

妊娠中の靴選びのポイント

転んでしまう可能性が増えてしまいます。

ですので、転倒防止にもヒールは高くない方が良いのです。

 

ヒール無しではダメなのか?

これは僕も思いました。

3cm以内じゃダメなの?

ぺったんこ靴じゃダメなの??

と思いますよね。

ある論文研究では2004年、2006年に妊婦さんに対してヒール無しの靴とヒール3cmの靴での歩いた時の様子を観察した文献などもありました。

 

それによると・・・

0cmヒールに比べ,3cmヒールで立脚後期の足関節底屈モーメントの減少がみられたことより,実際の妊婦においても3cmヒールが足関節底屈筋群へかかる負担を軽減させる可能性が示唆された。

ヒールの高さが妊婦の歩行に与える影響と妊婦の歩行の特徴:藤田康孝 他:理学療法科学 21(3):287-291,2006

 

なんのこっちゃって感じですよね。笑

 

簡単にいうと・・・

ヒール無し→ふくらはぎにかかる負担が強い
ヒール3cm→ふくらはぎにかかる負担が軽減

という結果になったことが示唆されましたよー。

ってこと^^

3cmぐらいの高さがちょうど良いかもしれませんよ♪ってことです^^

 

また、妊娠中はよく『こむら返り』にもなる方がいらっしゃいますが、
これは医学的に”ふくらはぎの負担がかかったときになりやすい”ということも述べられています。

つまり、ヒール無しの方より・・・

ヒール3cmの方がふくらはぎの負担が減って、

疲労も少なく、歩くのに適しているということなんです。

 

 

足裏へのインソールやマッサージはOK??

近年インソール(靴の中敷き)の普及が目立っています。

妊娠中の靴選びのポイント

効果としては素晴らしいものがあると感じています♪

ただし、これは妊娠中も適応なのか??

という問いが出てきますが・・・

答えは『正直わかりません』

リフレクソロジーの資格を持っている僕の見解だと、
足裏の踵には”生殖器の反射区”が存在していますので、インソールを入れてしまうと、踵に過度に刺激が加わることが懸念はされます。

それによって、踵が刺激され生殖器に刺激が行き、早産の原因や様々んトラブルになる可能性も否定は出来ないと思うからです。

何も根拠はないですが、刺激を入れても大丈夫という根拠もなく、なんとも言えないという見解になります。

一般的に妊娠中のリフレでは踵への刺激は禁忌と考えられています。

ですので、僕個人の意見としては妊娠中の踵へのインソールは望ましくないと思っています。

ただし!
先ほども述べていますが、これは何の確証もありません。

科学的・医学的な根拠もありませんので、僕が言っている事が正解ではないと思いますが、個人的にはオススメしたくないなと思います(^^)

ですので、妊娠中の方は足裏のマッサージも踵はあまり刺激を入れないで優しく保湿してあげる程度にしてあげてくださいね♪

まとめ

妊娠中も仕事がある方、歩くことが多い方、色々な方がいらっしゃると思います。

そんな時、普段の履いている履物を見直すことで、不調や負担が軽減していくこともあるかもしれません^^

ポイントは“3cm”

そんなご紹介をさせていただきました♪

一つの参考に^^

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です