営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

自宅リビング公開♪ニトリのカラーボックスで教具棚♪【モンテッソーリ】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
やまなか きの
2児のママ。 言語聴覚士・モンテッソーリ教師としての活動が主です。 実家は小さなモンテッソーリ幼稚園です。 長年、摂食障害を患っていましたが克服。 ことばの教室・モンテッソーリ子ども教室を主催。
詳しいプロフィールはこちら

※2016年の記事です

過去記事は「てぃーだブログ」の方にあります。これから過去も少しずつこちらに移行します^^

 

きのです♪

——————–
Dr. マリア・モンテッソーリより

本当にやりたいことに出会ったとき、
子どもはその作業を繰り返し、集中します

作業の過程で得た集中力と達成感、満足感が
子どもの人格形成にとても良い影響を与えます。

 “The hand is the instrument of the mind.”
(手は心の道具です)

と言われるように、子どもは手を使うことで
環境から様々なことを学びます。

自分の意思通りに、正確に自分の身体を使いこなせることは
子どもにとって大きな自信となり、
新たなものへ挑戦しようとする意欲へとつながります。

————————-


ということで、

自宅では

食器洗いしたり、アイロンしたり、料理したり

野菜ちぎったり、掃除したり、米を洗ったりetc…

日常生活の中で手を使うことを意識していますが、

その他にも
【手を使う】ことができる道具なんかも用意しています
教具棚 モンテッソーリ
※ちなみにニトリのカラーボックスです笑。
(高さ107cmのやつに棚を追加してます♪)

この棚は実はクローゼットの中にあります^ ^
教具棚
(クローゼットは2つあるので1つは子供部屋のように使っています笑)

今はこんな感じの道具たちをトレーに載せて並べています

*ちなみに娘は1歳11ヶ月ですが
個人差があると思いますので月齢は参考程度に^^

自分で好きな道具を取り出して黙々と活動します

寝起きでも、シャワーの直後も、真っ先に作業机に向かいます

大好きなアンパンマンのDVDも

作業をやりだすと見向きもしません笑

本当にモンテッソーリ女医が言うように

やりたいことには集中して黙々と何十分でもやるんですね^^

昨日書いた、
【洗面器を拭く】では
30分くらい一滴の水滴も残さず拭いてます

〈大人が用意する環境〉

・子どもの手のサイズに合った布巾に紐を付けたもの

・布巾を子どもの手の届く低い位置に掛ける

・一度大人が綺麗に拭くところをゆっくり見せる


いつも洗面器で手を洗ってから拭いてもらっています

【のりをつけて貼る】

〈大人が用意する環境〉
・のり(1回分)
・ぬれたスポンジ(のりがついた指を拭く)
・台紙
・貼る紙(最初はマルの形が簡単)
・全てトレーに乗せておく

紙に指でのりを付けて台紙に貼付けています^^
のりで貼るおしごと

一回分程度ののりをお皿やカップに入れて用意しています
のりを貼るおしごと
沢山ののりを入れておくと、一回分の調整ができなくてうまくいかないので

大人側が調整して用意しておくといいかなと思います^^


紙がなくなったり、スポンジが汚れたら

娘が自分で補充できるような引き出しに用意しています^^

【洗濯バサミで挟む】

〈大人が用意する環境〉
・小さいサイズでバネが弱くて開きやすい洗濯バサミ
・洗濯バサミをはさめる紙コップや台紙

最初は紙コップのように、立っているものに挟むだけの練習をして、

その次は
手で持って挟む練習をしました^^
せんたくバサミのおしごと

これは厚紙にネコの絵を書いて
ヒゲの部分に洗濯バサミを挟めるように印を付けています♪
せんたくバサミのおしごと

何度か大人と一緒にやると

はさみ方を覚えて一人でもやるようになります^^

【穴あけパンチ】
うちではこんな感じで用意しています^^

〈大人が用意する環境〉
・こどもが持ちやすいサイズの一つ穴パンチ(100均のやつは大きくて持ちにくいようです;)
・画用紙など厚めの紙(コピー用紙は薄くてあけにくいです)
・穴をあけたあとに出るゴミを入れる容器

こうやって持つように見せます^^

一つ穴パンチで穴をあけるおしごと

手首を返して出たゴミをお皿に落としていきます^^
一つ穴パンチのおしごと
もう少し上手にできるようになったら

絵の書かれた紙に穴あけ作業をするのも良さそうですね^^

【はさみで切る】

〈大人が用意する環境〉
・子どもサイズのはさみ
・短冊状の紙(画用紙など少し厚めの紙)
・切った紙を入れるトレー

私が紙の両端を持った状態で切っているので写真が撮れませんでしたが、

最近は自分で持っても切れるようになりました^^

はさみはコレを使っています^^

【シール貼り】は
実家のモンテッソーリ園に遊びに行ったときによくやっています
(娘はまだモンテ園には通っていません)

〈大人が用意する環境〉
・丸シール
・シールがぴったりと合う絵のかかれた用紙
・ゴミを入れる容器

シール貼りのおしごと

【トングでつまむ】
トングでつまむおしごと
↑これは実家で。

自宅では100均の可愛い消しゴムでやっています^^

あとは
ストローをドレッシング容器に入れたり

これもストローを穴に入れてるところです(実家)

手を使った作業はまだまだありますが、

長くなったのでまた今度書きます^^

こういうものを用意をしなくても

家で日常生活を送っていれば

子供は手を使ったり体全体を使って活動していますよね(^^)

家庭のルールを守った上で、

手や体を使った活動をしていれば

大人は黒子のように最小限のアシストのみで《見守る》のが《理想》…かな

と思っています(^^)

あくまでも《理想》ですので

その時の大事なことを優先していきたいと思っています。

(2016年現在)、私は一人しか子どもが居ませんが、

兄弟がいるとまた違いますよね(^人^)

でも、

理想を知っているだけでも

近づこうと思えるかな、、と思って

ゆるく、余裕があるときだけ意識しています^ ^

長くなってすいません!!

ちょっとだけ手を使う活動の紹介でした^^

読んでくれてありがとうございました^^

きのでした^^

*娘:1歳11カ月

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
やまなか きの
2児のママ。 言語聴覚士・モンテッソーリ教師としての活動が主です。 実家は小さなモンテッソーリ幼稚園です。 長年、摂食障害を患っていましたが克服。 ことばの教室・モンテッソーリ子ども教室を主催。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です