営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

足の長さであなたの骨盤がわかる!?・・・はずはない。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

先日、同業者の方と
「足の長さで骨盤の歪みを指摘する人がいる」
という話になってですね・・・

で、最近のお客様からも

「足の長さが違うって言われているので、骨盤歪んでいると思うんです!」

と言われました。

 

この考えを一般のお客様から聞くことが多いので

今日は
「足の長さであなたの骨盤がわかる!?・・・はずはない。」

っていう話をしたいと思います。

 

今回の記事で少しでも
「骨盤の歪み=足の長さの差」だけではない
ということがわかっていただけると嬉しいです。

 

なんで足の長さ?

そもそもなんですが
なんで足の長さで骨盤の歪みを見るのでしょうか??

これは僕も同業者ながらに
ちょっと疑問なんですね。

足の長さが違うから
そのずっと先の体の中心の骨盤が連動して歪んでいる。

それはちょっと話が飛躍しすぎですし
体の構造をそもそも理解していないのか

お客さんにわかりやすく説明するが故にそうなったとしか考えられない。

そう思います。

結局のところ・・・

謎です(_ _)

 

骨盤と足の長さの関係を今一度見つめる

足の長さの差は
本当に骨盤の歪みを起こすのでしょうか。

それを考えてみたいと思います。

そもそも、歪むということは
関節の位置が左右差を起こしていないといけないわけです。

で、骨盤から足までの関節で
ざっくり分けるとこんな感じ。

・骨盤自体の関節
・股関節
・膝関節
・足関節

ってあるんですね。

この色々な関節がある体の構造で
果たして本当に足の長さと骨盤の歪みに関連があるのでしょうか。

 

歪みのパターン

もちろん骨盤が歪むことで足の長さの差が出る人もいると思います。

ただ、そうした場合は
骨盤の関節のみが歪んでいる人。に限られます。

 

例えば
股関節の位置に左右差(歪み)が出ても足の長さは変わります。

(大げさに表記。笑)

でもこの時に、骨盤の位置も一緒にずれていないと
足の長さの差=骨盤の歪み という法則は成り立たないですが、図を見ても骨盤がずれていないのがわかります。

 

 

これは膝関節でも言えますね。

(少しだけ関節の隙間がなくなっている状態。)

O脚やX脚などが片側だけあると足の長さは変わります。

この時も骨盤の関節がずれていないければ、足の長さ=骨盤の歪みは成り立ちません。

ただ膝の関節に歪みが出たことによって、結果的に足の長さに変化が出ているだけなので。

 

ということで
必ずしも足の長さの差=骨盤が歪んでいるといった単純な法則は成り立たないと思います。

 

骨盤だけアプローチすれば足の長さは変わるわけではない

今までお伝えして骨盤を変えることだけが、足の長さの変化を起こすわけではないということをご理解いただけますでしょうか。

結局のところ僕たちは、色々な関節の上で体のバランスを取っています。

例えば足の長さに差があるならば

骨盤の関節も、股関節も、膝関節も、足関節も全てをトータルして評価をしなければいけないということ。

体ってこんな風に色々な関節の元、成り立っているので
なんでもかんでも骨盤の歪みが足にくるってわけではないと思います。

だから足を変えれば骨盤が変わるとか
骨盤が変われば足の長さが変わるとか

そんな単純なものでもないということですね。

 

 

実際は人それぞれ全然違う

人の関節の動きや体の使い方は様々なので
同じパターンで施術をすればみんなが歪みがない体になるわけではありません。

人によっての関節の負担のかかり具合や体の使い方の癖があります。

それをしっかり評価して検証していく必要性があるんですね。

その過程をすっ飛ばして「あなたの体は足の長さに差があるから骨盤が歪んでいる」

っていう考えは短絡的すぎる昔ながらの考え方
というしかないのではないかと思っています。

 

お客様がしっかりと見極める

今はお店が沢山ありますので
この記事を読んでいる女性の方々が
しっかりと情報を知っているということが大事かもしれません。

そうした情報を知って欲しく、僕もあえてこうした記事を書いていますし、お客様の悩みや表出として多いから、この疑問を解きたくてお伝えさせていただいています。

今通われている治療院や
今後通うであろう治療院で

仮に「足の長さが違うから骨盤が歪んでいますね」なんてことを言われたら

「骨盤と股関節と膝関節と足関節が一体どうなっているんですか?」

と聞いてしまえば良いと思います^^

ちゃんと体の構造をわかっている方は
それぞれの関節の位置関係や実際にどういう現象が体に起こっているかを説明してくれると思いますよ。

その説明がないまま
足と骨盤の関係性でしか説明ができなかったり

人からの受け売りで話しているような時は
how toでしか施術をしていない可能性があるので

なかなか効果が感じ取れない可能性もあるかと思います。

 

情報弱者にならない

治療院は沢山あります。

ふうふやに来てくださるお客様も、こうした体の情報を知っていないがために
「言われたままに思い込んでいる」 っていうことは少なくありません。

施術者もお客様も双方がハッピーならそれで良いかと思うのですが

実際にそう指摘されているという思い込み(すり込み)があることも多く、結果的に悩んでいる人もいるのも事実です。

少しでもそんな方々が減って
自分自身の体のことを負のイメージではなくて

良いイメージで向き合える人が増えてくれば嬉しいです♪

いつまでも健康でいるためには
「自分の体の状態を正しくしる」
「客観的にしる」
っていうことは大事だと思うので

情報弱者でなくなることが大切です♪

今日は最近耳にしたり、目にした
「足の長さと骨盤の位置関係」
についての考えをご紹介いたしました。

 

 

 

お困りのことがあればいつでもご相談ください。

ふうふやの骨盤矯正(スタイル改善に特化)整体(痛みや不調解消に特化)は、その人の体の状態に応じて評価・考察・検証の元、体の状態をご説明させていただき、解決に向かうお手伝いをさせていただきます♪

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です