営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

僕たちの関わりが子供の邪魔をするかもしれないという事実

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

我が家は夫婦お互いが
出張続きが多いワーママ、ワーパパ家庭。

妻が留守中は
僕が自ずと子供たちの面倒をみていますが

当然、子供たちの寝付きが悪かったり
夜中になんども起きてくることもあります。

で、こちらは
仕事も家事もあるので

「早く寝てくれ〜。。。」
と思い、息子を抱っこしたり
軽くイライラしながらあやすわけです。(早速イライラ。笑)

で、こっちがイライラしている時に限って
寝てくれない
or
寝付きが浅い。。

これ山中家あるある。

 

我が家の日常だと

こちらがやりたいことがある。
急いでいる。
何かに追われている。

そんな時って
子供たちがぐっすり寝てくれなかったりすること多いな〜と感じています。

結構な高頻度であるんですよね。

 

例えば・・・

イライラしていると寝てくれない。
寝かせるために背中とか軽く叩いて余計寝てくれない。
抱っこで眠ったけど、布団に下ろすと秒で起きる。

 

こんなのって
こっちが色々やりたいことが溜まっている時に
起こりやすい現象だな〜と何となく感じていました。

 

同じようなこと、対人関係だれでも起こりうることでもあるんですよね。

やはりイライラしている人といると
あんまり良い気がしないし

忙しくしている時とか
イライラしている時とか
この人違うこと考えてるな〜とか

何となく雰囲気や空気感でわかったりする。

だからこそ、
それは親と子供との関係性でも
成り立つと思っています。

ということを経験的に感じているのに
なかなか修正できない自分の不甲斐なさに日々反省ではあるのですが。。

そこで僕が何をしているのかというと・・・

・自分の体の力を抜いて、心も鎮める
・子供たちの触れ方(タッチ)を丁寧にする
・寝付いてる間とかに軽くケアする

といった風に
自分の体と、子供たちへの接し方を意識をしていると

意外と
すんなり寝てくれたり

こっちがイライラしてないぶん
関係性がとてつもなく楽になることが多くあります。

これって
とっても大切なこと
だと思っています。

日頃のスキンシップを
どういうスタンスでとるかという話になってくるのですが

ここまで意識して生活をしている
パパママさんは中々いないのではないでしょうか。

やることは別に難しいことではないのですが、
解決の糸口が見つからないが故にもどかしい思いをしている方々が
たくさんいることも事実。

その影響で、子供たちとの関係性がギクシャクしてしまい
お互いにとってよい感じにならないのであれば
修正した方が早いと思っているのですが、どうでしょう??^^

 

僕の方法をお伝えした方から…

「毎日子供から体のマッサージをお願いされるようになりました!」
「寝付きがすごいよくなりました!」
「毎日の関わりが楽になって、子供に優しくなれています」

 

などのご感想をいただくことも
多くなってきています。

原則的な方法さえわかれば
あとはそれを意識するだけ。

この方法は
対お子様だけに限らず

どの人にも有効だと思っています。

それはなぜかというと・・・

僕が日頃お客様との施術に使っている感覚だからです。

みなさんに日頃お伝えしているのは
僕が施術のたびに意識している
体の使い方だったり
意識の仕方だったりです。

だから、お子様に限らず
どんな人にも有効になっています。

そんな経験を元に
お伝えしているのが

先日も行った
”ママセラピスト講座”
だったりします。

日常の生活では仕事をしながらのママさんパパさんが多いので

家に帰ってきたからは、ついつい自分のことが中心になって

子供とのスキンシップが雑になってしまったり
話半分で携帯いじりながら相手してしまったり
家事が思い通り進まなくてイライラしたり
(全部僕の話。笑)

そんな経験ありませんか??^^

で、こうした部分の
スキンシップの方法を意識ができたりすると

子供との関係性が変わることが多いっていうのも
わかってきました。

イライラではなくて

”優しく”触れる
”丁寧”に接する
”尊重して聴く”
”目を見て話す”

そんな、
言葉で見ると当たり前のことを
感覚的に実践できた時の
威力が凄まじい!!!

ということも
わかってきたので

今年は
”ママセラピスト講座”
と題して

生活の中で
・お子様とのスキンシップに悩みがある
・下の子優先で上の子の相手がてきとうになっている
・寝かしつけがうまくできない
・抱っこをさせてくれない
・授乳に向けて、おっぱいがなくてもよいスキンシップの取り方を知りたい

そんな方々に向けて
”触れる”
ということを具体的にお伝えしています。

ママも子供も
頑張らない生活。
気持ちよく過ごせる生活。

をコンセプトにお伝えしています。

実は来年2019年の講座を
先日から募集しているのですが

すでに半分のお席が埋まっているので
これを機にお子様との関係を見直したり

忙しい日々の生活に
少しでもスキンシップの工夫を取り入れたいという方は
よければご検討ください^^

僕たちの関わりが
子供の邪魔をするかもしれないという事実

があるということを認めつつ
その上で親として
一人の人として

どういう心持ちや
体の状態や
触れ方を意識するかのお話をしていきますね^^

大げさかもしれませんが
一生の財産になれば嬉しいです。

講座の情報は
こちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です