営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

抱っこや指を動かすだけで痛い両手の腱鞘炎も一度で解消→解説付き(産後4ヶ月双子ママ)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

産後多くの人が悩んでいる腱鞘炎

ふうふやにも
産後のママさんたちが多いので

多くの方が
「手首が痛い」
「抱っこがきつい」
「親指を動かすだけで痛い」

そんなお悩みでのご来店が多いです。

今日はそんな”腱鞘炎”に悩まれている方のご報告です。

腱鞘炎とは

ネット上や教科書的には
「腱鞘」と呼ばれる,

腕の腱が通るトンネルがあって
そこが狭くなること
痛みが出たり、炎症が起きたりすると言われています。

医学的には
ドゥケルバン病とか
腱交差症候群とか言われたりします。

腱鞘炎の方は聞き覚えがあるのでは??

 

治療法

病院で”腱鞘炎”といわれて,
注射を数回打ったけど
あまり変わらない。

中には手術をすすめられている方もいたり。
湿布で対応している人もいたり。

何もされず経過観察の方もいたり。。

これが治療の実状だと思います。

そんな方は一度ふうふやの施術で
筋膜の調整をしてみることも一つの選択肢だと思っています。

ふうふやのお客様も
先述した注射をしている方もいたり
湿布対応をしていたり
抱っこをしないようにしたりと

色々な対応をされていますが

結果的に・・・
あまり変わらない。。

という方もいたりします。
(もちろん変化がある方もいます)

で、最終的には
経過観察(「様子を見ましょうかね。」と言われる)
もしくは
手術を勧められたりする人もいたり・・・。

だけど、その前にふうふやで提供する
「筋膜調整」も試していただけると良いかとも思います。

筋膜調整を勧める理由

なぜかというと、それは結構な割合で

「腱鞘炎」による痛みが
解消していく可能性があるからなんです。

個人的には腱鞘炎の原因って
あまり先ほど述べた「腱鞘」ではないことが多いと思っています。

結果的に
「腱鞘」付近にストレスがかかって
痛みがでた。

っていう場合が多いです。

そんな時は
痛み以外の場所を触って
施術をしていくと
症状が解消されたりなんてことも!?

 

産後4ヶ月の腱鞘炎ママさんの施術

ということで
先日、産後4ヶ月(初産)
1ヶ月前から腱鞘炎になった方がご来店。

抱っこ以外でも
親指を動かすだけでも両手が痛い。

指を伸ばしても
曲げても痛い。

抱っこだとなおさら痛い。

そんなお客様でした。

僕が介入した場所は
左右で2箇所。

この部分を触っていくと
いつも痛みがでる親指の手首周辺
痛みが再現される現象も見られました。

結果的に
その場で痛みが解消されたようです^^

親指の付け根が痛かったけど
母指球の筋膜や
肘付近の筋膜を調整していくと
痛みが消失。

「腱鞘」と呼ばれる
痛みの原因だと考えられている場所ではないところで
症状が解消していくケースが多いです。

とりあえず
痛みが楽になって良かったです♩

双子のお世話なんて
確実に大変ですし

その中で手首が痛いって
かなりのストレスだったと思います。

これでお子様たちのお世話が楽になってくれれば嬉しいです(*^^*)

痛みのその先にある
生活が豊かになりますように。。。

同じようなお悩みの方に届けば幸いです♩

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA