営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

産後の肩こりは圧倒的に多い!授乳や抱っこ、骨盤の影響は強い。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

妊娠や産後に体の痛みを感じることは少なくありません。

どの教科書や文献を読んでも
一番の痛みは腰痛が取り上げられています。

そして、その次に多い悩みが
”肩こり”
という報告が多い事実。

妊娠によって、実際にお腹が大きくなって
骨盤周囲にダメージも受けてしまう出産ですが
どうして肩こりなのか。

それには様々な原因がありますが
授乳や抱っこの影響上半身を酷使しているケースの方々が多いのが実状です。

だからこそ、腰痛の次に悩みの多い痛みや不調として取り上げられるのです。

今日はそんな”肩こり”の方々の不調を取っていくためのヒントになる考え方をご紹介させていただきます。

 

産後に肩こりが起こる2つのパターン

ふうふやにも
”肩こり”
の悩みでのご来店も多く

中には・・・

 

・もともと慢性的に痛みがあったけど、産後特にきつくなってきた。

・産後から肩のコリを感じるようになってきた。

 

といった2パターンに分かれる傾向を感じています。

いずれにせよ
肩のこっている原因をはっきりさせていくのにかわりはありませんが

上述したように
”抱っこや授乳”
での影響を受けている方が非常に多いです。

 

妊娠、出産での骨盤の変化による肩こり

妊娠、出産をすると
骨盤周囲の安定感が低下していきます。

よく骨盤は体の土台なんてことを言いますが
この土台である骨盤がグラグラしていると

その上にある背骨や首、上半身も安定しにくそうなのはイメージできるでしょうか?

家の地盤が不安定だと、そこに立てる家の構造も心配になるように
体もこうした土台という考えを元にした時に
骨盤の安定感というのは大事になってきます。

骨盤の不安定感が残っていると
どうしても必要以上に上半身に過剰に力を入れて
赤ちゃんを抱きかかえる習慣が多くなっていきます。

それが次第に肩周辺の筋肉の緊張が抜けなくなっていき
血流が途絶え、俗にいうコリを出現することに繋がっていくことが多いと感じます。

骨盤の安定感が出てくるだけでも肩のコリは出しにくくなる可能性があります。

 

 

上半身の過剰な頑張りによる肩こり

赤ちゃんを抱っこしたことがある人はわかると思いますが
結構上半身って頑張ります。

全く力まずなんてものは多くの方が無理で、
なるべく肩・肘・手首は楽にしたいものです。
(そのために骨盤が大事!という話は先ほどしました。)

こうした抱っこや授乳は
実は多くの方が腕や肘周りなどに力を入れすぎてしまっている方を目にします。

皆さんも試しに・・・

”赤ちゃんを床から抱きかかえるふりをしながら
肘を曲げてみてください。”

 

 

 

・・・・どうでしょうか??

 

 

 

肘を曲げた時って
肩にも力入りませんでしたか??

もしくは肩が天井の方向にキュッ!
上がりませんでしたか??

こういった反応が出てしまっている方は
腕や肘周りの力が抜けないことでの
肩こりが出ているケースが多かったりします

 

本当の肩こりの原因

こんなように
実態の不調は肩にあっても

原因は

・骨盤の不安定感
・腕や肘の頑張りすぎ
であることも多かったりします。

そのほかにも
・手首の使いすぎ
・首の影響
・足の踏ん張りの影響
など挙げれば色々と原因があるのですが

最近のお客様をみていても
・骨盤の不安定感
・腕や肘の頑張りすぎ
が気になる人が多いと感じます。

それは逆に言えば
骨盤の安定感を出していくことや
腕や肘の緊張をゆるめていくことで
肩こりを解消させていけることにも繋がります。

一般のママさん方は不思議に思うかもしれませんが
肩こりの痛みが気になっているのにも関わらず

骨盤の安定感を出すような施術をすると
肩こりが解消したりは普通に起こりえる現象です。

また、腕周りや肘周りの硬くなっている筋肉(厳密には筋膜)を緩めるようにしていくことも肩周りの不調が消失するケースもたくさん目にします。

一見関係なさそうな場所ですが
実際に出産・産後で何が起こったかということを冷静になって考えれば
・骨盤のダメージが顕著
・子供を抱っこや授乳で姿勢を固める時間が増えた
などが上がってくると思います。

そこに寝不足やメンタル的な気分の波が到来するのが
産後の生活。

そうなると今度は
背骨も硬くなって肩こりが余計に出やすくなっていくことも経験しています。

だからこそ体のケアや体使いを知っておくことは大事だと感じます。

 

痛みが翌日にぶり返す肩こり

肩が凝ってくると
多くの方がパートナーに肩を揉んでもらったり
肩甲骨を動かしてもらっている方がいます。

ただし上述してわかるように
肩自体にストレスがかかっていないケースも十分考えられます。

肩が痛みの原因ではないのに
肩を揉むと何が起こるのか。。。

もちろん揉まれている間は
気持ちが良い。

終了後はスッキリしている。

それは、とっても良い反応ですが
実は一過性の快楽にすぎなくって

その日や翌日にまた肩こりが出現する場合は
そこが肩コリの原因ではないという可能性があります。

 

それがよく言われる
”戻る”
”ぶり返す”
という状態だと思います。

 

放っておくと頭痛や背中の痛みも???

こうした肩こりを
なんとなく我慢をしてしまっていると

気がつけば
首の筋肉もガチガチになったり
背中の筋肉もガチガチになり

二次的、三次的に
首の痛み、頭痛、背中の痛みなどが出てくるケースもあります。

そうした二次的、三次的な被害を起こさないためにも
日頃からのメンテナンスって大事だな〜っと感じているんですね。

きっかけは何かはわかりませんが、こうした負の連鎖による不調はなるべく出ないようにしたいというのが個人的な願いであり、皆さんに知っておいて欲しいことです。

 

施術は何を選ぶべき??

では、ふうふやで行なっている施術ですが・・・

基本的には肩こりを解消していくための原因を探しながらの全身の調整になるので
ご予約は”産後整体”がオススメです♪

その上で、さらにスタイル改善骨盤の安定感を強めたい方や、インナーマッスルと呼ばれる筋肉を活性化していきたい方などは

”産後の整体+骨盤矯正”

のセットメニューがおすすめです♪

症状や悩みやご希望に合わせて
ご検討ください(*^^*)

 

まとめ

肩こりを呼ばれる一般的に起こりやすい症状についての解説を”産後”にスポットを当てて説明をさせていただきました。

痛みを解消していくためにも

 

・骨盤の安定感を出す

・腕や肘周りの硬い組織を緩めていく

 

そんな時間を持っていけれると良いと思います。

もちろん、上記にあげたものだけが問題ではありませんが、あくまでも僕個人が経験的に見ていて多いと感じる原因ですので、肩こりの原因はまだまだ多岐に渡ります。

自分自身でできることにも沢山ありますし
パートナーの方にマッサージをしてもらって楽になるようであれば、それはそれで良いと思います♪

その上でやっぱり自分や家族では対応が難しいとなれば、いつでも対応させていただきます^^

 

肩こりにお困りのお客様に届けば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です