営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

語彙を増やし、概念を広げるには?生活の中でできる【ことばの発達】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
やまなか きの
2児のママ。 言語聴覚士・モンテッソーリ教師としての活動が主です。 実家は小さなモンテッソーリ幼稚園です。 長年、摂食障害を患っていましたが克服。 ことばの教室・モンテッソーリ子ども教室を主催。
詳しいプロフィールはこちら

きのです^^

今日は「ことば」のレッスンでした

絵本に出てくる動物をコピーして

ラミネート加工した教材を作っています

 

 

レッスンを受けている子が大好きな絵本。

一緒に楽しめるように、

と思って作りました

 

 

絵本を読んで、同じ絵が出てきた時にペアリングします^^

(マッジックテープなどで貼りあわせてもいいですね^^)

 

 

「ゴリラはどこ?」「これがゴリラだね」と名称を確認したり、

それを声に出したり。

 

この絵本は読むだけじゃなくて

体を使って動きを引き出せるので

プライベートでもレッスンでもすごく好きで重宝してます^^


歌いながら読めるので子どもたちも大好きです^^

 

 

「この言葉を言わせよう」じゃなくて、

この場が楽しい。
 
声を出すのが楽しい。

コミュニケーションとるのって楽しい。

少しずつそう思ってもらえたらいいな^^

 

 

なんども身近な語彙を聞く。

大好きな絵本に出てくる言葉が言えたら嬉しい。

 

手で、足で、口で、耳で・・いろんな感覚や動きを使って、

たくさんの「体験」をしてもらいたいと思っています

なので

ことばのレッスンでは

モンテッソーリの教材や要素を取り入れることもあります

概念を教えるとき

絵カードで「これは〇〇」と教えるんじゃなくて

見本を見せて、経験を増やす。

 

 

「中に」と言う概念を教えたいなら

たくさん「中に入れる経験」を一緒にする。

 

その時に

「中に」を繰り返し口に出して聞かせる。

 

 

積み木を片付ける時にも「中に」

おもちゃを袋に入れるときも「中に」

お茶をコップに注ぐときも「中に」。

 

難易度をあげるなら

積み木  を 箱 中に  入れる

など

「中に入れる」

に広げたり、

「〇〇を〇〇の中に入れる」など

多語文につなげたりしてもいいかと^^

 

 

絵カードなど用意されたものだけじゃなくて

生活の中で、本物の活動の中で

「カレールウを鍋の中に入れる」

とか

「服を洗濯機の中に入れる」

とか。

実生活で様々な体験をしながら、

具体的な言葉で、繰り返し聞かせてあげる。

一つの概念を教える時のコツかと思います。

 

 

注意)

言ってほしい!という気持ちはわかりますが、
教えたからといって復唱させたり、「じゃあこれはなーんだ」
と質問するのはちょっと待ってあげてください^^

まずはシャワーのようにたくさん言葉を聞かせてあげる段階を多く持つ。

 

子どもが自分の中に溜めている時間を待ってあげたいと思います^^

 

「お口と発音の勉強会」の1月は満席となりました^^

来月は2月21日(木)に開催予定です

 

明日はモンテの教室です^^

 

さて準備しましょ。

 

きのでした^^

 

この記事を書いている人 - WRITER -
やまなか きの
2児のママ。 言語聴覚士・モンテッソーリ教師としての活動が主です。 実家は小さなモンテッソーリ幼稚園です。 長年、摂食障害を患っていましたが克服。 ことばの教室・モンテッソーリ子ども教室を主催。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です