営業時間:9:30〜18:30(最終受付17時)  

産前産後の整体、骨盤矯正、男性不妊専門の託児付きサロン

足のむくみの注意点と対処方法【妊娠中〜産後の体を守る】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

妊娠中、産後に多い悩みの一つに
”むくみ” があります。

妊娠中に出てくる足のむくみ。
産後も続く足のむくみ。

女性は特にむくみで
足のだるさ、痛み、不快感を感じることが多いです。

それを施術で解消することも可能です。
(*ふうふやでは”リフレクソロジー ”で対応しています。)

ただし必ずしも
施術が正しい対処法ではないこともあります。

それを施術を受ける女性自身が知っておくことも大事だと思います。

 

今回の記事で

・むくみの注意点がわかる
・むくみでも医学的な危険な症状もあることが知れる
・むくみで対応できる施術方法があることがわかる
・自分でできるセルフケアを知れる

 

むくみとは

むくみは、「浮腫」とも呼ばれ、血管外に水分がたまることを言います。

色々な発生する原因はあるのですが
・浸透圧の差
・血管内の圧の上昇
などが主な原因になることが多いです。

むくみは正常妊婦の約30%が経験するとも言われています。

妊娠初期には発生せずに、
妊娠中期から後期にみられるようになるのが特徴です。

なおかつ、むくみは
・全身的なむくみ
・局所的なむくみ
といったように、全身的に出るか、一部分に出るかのむくみにも分けられます。

ちなみに・・・
全身性のむくみ:妊娠高血圧症候群、心不全、肝機能低下、腎機能低下、甲状腺機能低下など
局所的なむくみ:リンパ浮腫、深部静脈血栓症
などを細かく分けることも可能です。

といったように、色々な病態がむくみには隠れていることも多いということを前提に知っておいていただきたいです。

なんでもかんでも
”むくみ=マッサージ”
という法則は時には危険なこともあるということを知っておいてください。

 

むくみが、医学的に危険な場合の症状

では、その上でむくみの場合でも、施術ではなくて
まずは医療機関の指示をあおいで欲しい病態をご紹介させていただきますね。

妊娠中の方は、定期的な妊婦健診で主治医の先生が見てくれていると思いますし、母子手帳などでも管理をしてくださっているので病院の指示に従うこと・もしくは不安なことがあればご相談することも大切な一つです。

 

妊娠高血圧症候群(PIH)

妊娠20週から産後12週まで高血圧が見られる場合。
または蛋白尿を高血圧に伴う場合などは

”妊娠高血圧症候群”と呼ばれる病態にあります。
(*発症頻度が3~5%)

妊娠中に浮腫がある場合でも
”高血圧”の指摘がされていたり
”高血圧+蛋白尿”の指摘がされてしまう場合があります。

妊娠高血圧症候群を合併した妊婦さんは、
約90%の方にむくみが認めるというデータもあります。

そうした場合の、足のむくみは
単純に妊娠中の循環血液量が増えているわけではなくて
妊娠高血圧症候群の危険性があるということを想定に入れておけれると良いと思います。

妊娠高血圧症候群の場合は、定期受診での診察での管理の場合もありますが、
悪化したり重症化する場合は入院管理となる病態と言われています。

なぜ危険かというと
悪化の場合は緊急の帝王切開などが必要になるケースがあるからなんですね。

だからこそ、妊娠中によくあるむくみが
”むくみ=施術”
ということに単純にならないことがあるということを知っておいて欲しいです。

 

深部静脈血栓症(DVT)

妊娠中から産後になりやすいのが
”深部静脈血栓症”です。

妊娠中は6倍かかるリスクがある病態と言われています。

代表的な症状の特徴があるので
ご自身の状態をチェックしてみてくださいね。

特徴

・足のむくみ(浮腫)
・腫れている(腫脹)
・赤みが目立つ(発赤)
・むくみの部分が熱く感じる(熱感)
・痛み

この辺りが代表的な症状です。

全てに当てはまる場合は、真っ先に病院に行き、足の状態を病院スタッフにご説明して、然るべき検査、処置を受けていただけると幸いです。

むくみのみではなくて
こうした特徴がたくさんある場合も
”むくみ=施術”
ということに単純にならないことがあるということを知っておいて欲しいです。

もしDVTになってしまった場合は
保存療法と薬物療法が基本の治療となると言われています。、

保存療法は
安静や圧迫療法、弾性包帯などが一般的です。

薬物療法は
抗凝固療法と呼ばれるヘパリンと呼ばれる薬物を投与するのが基本となっています。

覚えておいていただきたいのが
先ほどの特徴の5種類と思います。

 

心不全や肝機能低下・腎機能低下

先ほどの”妊娠高血圧症候群””深部静脈血栓症”の他にも
心不全や肝機能低下、腎機能低下などによってのむくみが出てくることもあります。

心不全
呼吸が苦しい、疲れやすい、不整脈などが認められることが多いです。
肝機能低下
皮膚が黄色くなったり、腹水など
腎機能低下
蛋白尿の持続や尿沈渣での卵円形脂肪体があれば疑いとなることが多く、
精査をしていきます。
基本的には基礎疾患(糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎、腎硬化など)があります。

こうした他にも元々のお身体の既往や基礎疾患などもみられている方にも
”むくみ”の所見が出てくることも考えられます。

 

むくみに対応できる施術(リフレクソロジー )

今まで少し怖い病態を説明してきました。
ただし、多くの方が出てくる病態ではありません。

それでも知っていることは
知識として大事なのでご紹介させていただきました。

その上で、
「私はどれにも当てはまらない」
「でも、足が浮腫むな〜」
という方には

当院でもある
リフレクソロジー
という施術が適応になるかと思います。

足のむくみを取っていく施術になり
・足のむくみ
・痛み
・疲れ
・だるさ
などに対応して提供することができます。

なおかつリラクゼーション効果にも繋がっていきますので、ぜひお疲れの際にはご利用いただけると嬉しいです。

もちろん、妊娠中のみに限らず、産後や産前産後ではない方々も適応にはなります。

 

女性自身が知っておいてほしい理由

なぜ、僕がこうしてちょっと危ない病態があることもお伝えしているかというと・・・・

それは
”施術をする僕たち自身がこの病態を知らない人がいるから”なんですね。

えっ!!そうなの?!

と思うかもしれませんが、実はこうした危険な病態があるにも関わらず
なんでもかんでも施術をするセラピストが存在することも実状だったりもします^^;

だからこそ、
みなさん自身が自分の体を守るという意味も込めて
知っておいて欲しい知識としてご紹介させていただいています。

知らないで施術を受けてしまって
母児ともに危ないことに繋がる可能性もあるということ。

施術がきっかけになって
そんな悲しいことにはなって欲しくないからこそ知っておいて欲しいです。

そして不安ならまずは医療機関

かかりつけの産婦人科の先生に相談してください。

もしくは通い慣れているお店があって
知識を有しているセラピストに相談

という形でも良いとは思います。

まずは、知らないところにマッサージにいくよりも
安心・信頼できる方にご相談して欲しいと思います。

 

自分でできるセルフケア

その上で自分自身でできるケアも存在しています。

ふうふやでは
そんなリフレクソロジーを自分自身にできたり

ご家族にケアができるようになって欲しいという想いを込めて
”おうちで出来るリフレクソロジー講座”
を開催しています。

妊娠中、産後の体の不調を自分自身でケアをしたり
家族の健康を維持するために

ふうふやで行なっているリフレクソロジーの全行程の施術を覚えて帰っていただく講座になります。

 

自分自身を守り・育みましょう

以上、むくみの症状があるときに
・ちょっと危ない病態を知っている
・病院にいくべきか、リフレクソロジーにいくべきか知っている
・自分自身でセルフケアできる

そんなことをわかっておいて欲しいと思い記事にしてみました♪

足がむくんで気になっている妊婦さん。

産後のママさん。

そして全ての方々の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ふうふや代表のジョーさんです。 妊娠中、産後の方の体の不調やスタイル改善に向けての施術と、体のセルフケアを行えるように講座を展開しています。 体のことから、家族、オススメのお店、観光情報、色々な情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です